現地リポート

お知らせ

【留学いろは】留学のタイミングとは?

2018年4月23日

 

5E4DC8D8-858A-4C88-8DE7-08348960FCAA

留学を考えられている方からよくあるご質問なのですが、
「留学はいつのタイミングがいいのでしょうか?」と聞かれます。

その時は必ずこうお答えします。
「出来るだけ早い方が良いですよ」と。

これを言うと今すぐにでもという風にも受け取れますが、実際のところは
もっと大きい意味で、年齢的に早い方が良いということでお伝えしています。

留学は準備期間もとても大切ですので、焦って行くという意味ではなく、
早い年齢から、しっかりと準備をして出られると良いということです。

その理由としてまず、語学習得のスピードの速さが挙げられます。
若い時は脳も柔軟で、スポンジのように言葉も覚えていきます。
さらに人間は、机上で覚えるものより、体験や経験を通して学ぶ方が
数倍も記憶に残りやすく、効果が高くでやすいと言われています。

現在中学生や高校生の方であれば、早い10代のうちなどに行かれると、
日本人が最も苦手とする「発音」の部分も比較的ネーティブに近い音が
習得出来るケースが多いです。

20代~の方も遅くはございません!!
言語習得の面でももちろんですが、20代でも早い年齢からがオススメの
もう1つの理由として、その後の回収期間も長くなるということです。

経済面でも、また日本に戻ってこられてからの就職などへのリスクも少なく
なるのではないでしょうか。

89D2C97E-5A5C-413C-93FF-848C4E69F858

しかしリスクとはそもそも何なのでしょうか?

「先に日本の大学を終えてから行った方が、、」

「就職して何年かしてから、、」

「帰国して新卒枠でない状態で就職するのって、、」

こういったことが挙げられるかもしれませんが、
それはきっとレールの上にいる自分しか描けていないからではないでしょうか。

これは個人的な考えですが、リスクは死なない限り、それ以外はなんでも
可能なんだと思います。日本にいるといろいろ心配しがちですが、
海外はとてもポジティブです。

「やりたいなら何でしないの?

人生一度しかないのに、何に束縛されて生きてるの?」

と、当方も現地の友人に言われてハッとしたのを覚えています。

75903752-D03D-4426-BE46-07ACFCC5A45A

心配をするより、まずはやってみたら良いと思います。
その中で軌道修正や、都度都度その時々ベストな道を探して進んでいけば良いのだと思います。

そうすることで、同時に「自分で考え、自分から行動する」というスキルが
知らないうちに身についていたりします。

何より、自分の気持ちにウソを付かないで生きていけるのってとても価値あること
ではないでしょうか。

心配し過ぎても良い方法はあまり浮かびません。
しかし一歩踏み出しみると、そこからは広い世界が広がることは間違いないと思います。

ご留学で迷っている方、お気軽にご相談ください。

お一人お一人にあったご留学計画を、一緒に考えていきたいと思います♬

ご留学相談はお気軽にオーバーシーズまでどうぞ♪