現地リポート

お知らせ

【留学いろは】 留学が人生を変えるきっかけに!?

2018年5月16日

   先日某人気テレビ番組にて、当方も以前住んでいたカナダ、バンクーバーに住む
日本人が今回の主役として特集されていました。

バンクーバーで造園師として、現地カナダ人からも高い人気を得ている
オガワさんという方のお話しでした。

BB2933CB-44DB-423D-B6E6-C1174CBF2111


過去にはブリティッシュ式ガーデニングが主流のカナダの大会において、
日本の庭園を出展し、見事優勝した凄い方でした。

4FB3B462-538E-48FD-BE7B-3C30E26320EB

しかしそんなオガワさんは若い頃、やりたいこともなく、只々日々を何となく
暮らしていた若者だったそうで、なんのために、そしてこれから自分は
どうしていきたいのか、目標もなかったと言います。

高校卒業後、ご自身のお兄さんが留学していたカナダのバンクーバーに行ってみたら?と
お母様からの勧めもあり、とりあえず行ってみたのだそう。

しかし、アルファベットもよくわからない、もちろん英語も全くわからない状態で
渡ったそうですが、そこでオガワさんの後の師匠であり恩師となる庭師の方と出会います。

その師匠の元、半年ほどすると造園の楽しみが少しずつわかって来出し、
師匠にも自分の後を継いで欲しいと言われたそうです。そこから彼の人生が変わっていったそうです。

もっと師匠に追いつけるように、途中日本へ帰国し、京都の造園会社で3年と期限を決め修行し、
またバンクーバーへ舞い戻ったそうです。

そして再度現地の師匠の元へ戻りますが、日本で学んできたこと、現地の師匠との考え方の
違いなどから仲違いをした形で離れてしまいます。そこから独立し、7年の間師匠と
音信不通だったそうですが、ある日師匠の危篤を受け、病床に駆けつけます。

自身のお弟子さんの名前さえも朦朧とする意識の中思い出せなかった師匠が、
オガワさんが駆けつけた時にはすぐにオガワさんだとわかって名前を呼んでくれたそうです。
実はきっと、師匠も長い間オガワさんのこと気にかけていたのではないでしょうか。

その後他界された師匠ですが、今でもオガワさんのココロ中にずっと居続けていると言うことでした。

日本で居場所を見つけられなかったオガワさん。しかしひょんな縁あって海外に渡り、
居場所を見つけられたわけです。

形に拘らないカナダの文化。過去なんて関係なく受け入れてくれる文化。
オガワさんの中で人生の目標が見つかり、もちろんそこには沢山の努力があってこそ
なし得たことでしょうが、きっとこの海外のスタイルがオガワさんには合っていたのでしょう。

また、海外に出たことで、自分が日本人として誇れるものを見つけられたことは、
とても大きなことだったのかと思います。

ここから学んだことは、日本という国が世界の全てではないということ。

もちろんどこに住んでも努力は必要です。しかしその努力をする場が、
決して日本だけではないということを覚えておかれることで、学校や仕事などで
行き詰まった時、少し違ったところに目を向けられるかも知れません。

このオガワさんのように、自分の居場所は、実は日本ではない他にあるのかもしれません。

留学は、もしかしたらそんな扉を開けてくれる体験になるかもしれません。

この夏もたくさんの方が海外へ飛び立たれます✈️

今年こそは変わりたい!もしかして自分は海外の方が向いているのかも!?

どんな理由であれ、そのやる気や興味を私達は大切にしたいと思います☺︎

夏前で混み合う時期に差し掛かりますが、ご相談はお気軽にお問い合わせフォーム
よりお送りください。