現地リポート

お知らせ

日本から出来るフィリピン留学への準備とは?

2017年7月3日

IMG_8912

昨今人気のフィリピン留学✨

欧米諸国への留学に比べ費用面も安価で、さらにプライベートレッスンを
主体にしたスタイルのため、英語力が短期でググッと上げられることから
学生・社会人、そしてシニア層にも人気のある留学先です。

しかしもちろん全ての方が何もしないで見る見る間に英語力が勝手に上がって
いるわけではない
ことは覚えておいて頂きたいところです。

特にプライベートレッスン中心ですので、まずは先生との1対1での会話です。
グループレッスンでは授業中ちょっとの間でもボッとできる時間もありますが、
1対1では常に会話のキャッチボールが必要です。それも英語でです(笑)

そうなると必要なのがボキャブラリー力。語彙力ですね。
できるだけ多くの単語は知っていて損はありません。これは留学前からでも
事前に勉強できるところですので、是非とも1つでも多くの単語を覚えて行かれ
ると良いかと思います。

 

ではどんな単語を覚えていけば良い?という声が聞こえて来そうですが、
まずオススメ致しますのは「文法単語」です。

例えば、動詞や名詞、動詞が変形する〜などの「文法を教えてもらう際の単語」
というのを覚えておく必要があります。

動詞はVerb(ヴァーブ)、名詞はNoun(ナン)、動詞が変形する〜というのは
Conjugate(コンジュゲート)と言います。

これは意外に盲点ではないでしょうか?
日本の英語の授業では “日本語で英語を習ってきている”ため、肝心な
「英語を習うための英単語」を覚えてきていないのです。

これはとってもとっても重要なことですので、是非メモを(笑)


そして次に大切になることは、授業に参加する姿勢です。
これも当たり前のことのように聞こえますが、ここでお伝えしたいのは、
授業に参加するための準備です。

プライベートレッスンでは先生からいろいろな英語の文法や会話を教えて
頂けるわけですが、あくまで一方通行な授業ではなく、対話です。
時には普段のことについて聞かれたり、日本のこと、趣味や好きなことの話
などすることもあります。

◉福岡ってどんな街なの?
◉あなたの趣味は何?それはどういうものなの?
◉家族のことや、学校、仕事などなど・・・
◉ フィリピンの生活はどう?

日本人同士でもあるように、人と会話する際は当たり前のように話されるトピック
です。これらは英語になったって同じです。

英語力に自信がないな、、という方も、自身の身の回りのことを簡単に説明できる
ぐらいの内容は事前に用意しておいて良いかと思います。最近ではこういった会話
中心の書籍も多くありますので、気に入った1〜2冊を持って行かれることをオススメ
します。

僕の住む福岡は九州の中心地で、全国で5番目ぐらいの都市です。しかし福岡人は
全国の都市ランキングは東京・大阪・福岡やろ!と思っていて、とっても福岡愛が
強いんです(笑)
」などちょっとクスッと笑えるようなエッセンスを入れた内容など
考えていても面白いかもしれません。

現地では日本語での英語本などありませんので、是非こういった書籍物は日本から
準備されて(大荷物にならない程度に)数冊でもいいですので持ち込まれるのが
良いかと思います!

楽しく、充実した留学期間になるように、日本からできることはやっていく!
これが留学の成功のカギを握っているかと思います。