Q&A

滞在方法についての質問

みんなどんな所に住んでるの?
ホームステイやフラット(アパート)シェアが一般的です。ホームステイのメリットとして、
  • 1.食事が付くこと
  • 2.ネイティブの家族と生活できること
  • 3.勉強に集中できること
などが挙げられます。海外生活のスタートに向いていると言えるでしょう。一方フラットシェアは、生活費が安く済む、時間が自由に使えるというメリットがあります。しかし食事などは自分で準備しなければいけないため、現地での生活に慣れていないと、逆に余分な出費が多くなる場合もあります。

ページの先頭へ

ホームステイ先はどうやって決まるの?
学校申し込み時に、ホームステイ先のリクエスト(子供の有無、喫煙状況、趣味など)を一緒に提出します。そのリクエストに基づいて学校もしくはホームステイ専門のエージェントが、ステイ先を決定します。いずれにしても、早めに手配をしておくほうがファミリーの選択肢は拡がります。オーバーシーズでは、事前に家族構成やご家庭の様子を写真で見た上で、ファミリーを決定していただくことも可能です。(すべての地区ではありません)

ページの先頭へ

ホームステイ先はいつごろ分かるの?
学校申し込み時に、ホームステイ先のリクエスト(子供の有無、喫煙状況、趣味など)を一緒に提出します。そのリクエストに基づいて学校もしくはホームステイ専門のエージェントが、ステイ先を決定します。いずれにしても、早めに手配をしておくほうがファミリーの選択肢は拡がります。オーバーシーズでは、事前に家族構成やご家庭の様子を写真で見た上で、ファミリーを決定していただくことも可能です。(すべての地区ではありません)

ページの先頭へ

ホームステイ先はいつごろ分かるの?
通常、出発の一週間前までには、学校よりホストファミリーの詳細が送られてきます。リクエストした内容と大きな相違がある場合は、ファミリーの変更を申し出ることも可能です。特にアレルギーのある人は、ペットの有無など確認してご出発下さい。

ページの先頭へ

ホストファミリーとうまくいかない場合どうしたらいいの?
どうしても上手くいかない場合は変更することも可能です。しかし多くの場合はホストファミリーとのコミュニケーション不足が原因のようです。英語が分からないからと言って部屋に閉じこもるのではなく、まずは「なぜ上手くいかないのか?」を考え積極的に話し掛けてみましょう。自分の意思を伝え、問題を解決すると言うことは、今後の生活の中で必ず役に立つ経験となるでしょう。

ページの先頭へ

ホームステイ先でインターネットは使えるの?
ホームステイ先にパソコンがある場合、それを使わせてもらうことは可能ですが、日本語に対応していない場合もあります。また、自分で持って行った場合は回線の使用など、ホストファミリーとしっかり話し合う必要があります。基本的には使えないと考えていたほうがいいでしょう。

ページの先頭へ

ホームステイ先にお土産は必要なの?
義務ではありませんが、話しのネタにもなりますし、気持ち程度に持って行くと良いでしょう。日本の置物なども喜ばれますが、意外とキャラメルなどのお菓子類、また小さな子供がいる家庭などは日本のアニメのキャラクターグッズなどが喜ばれます。いずれにしても高価な物を持っていく必要はありません。また、「つまらない物ですが」なんて言う必要もありません。

ページの先頭へ

フラットはすぐに見つかるの?
地域にもよりますが、大都市や大学などの周辺では比較的簡単に見つかります。しかし値段も部屋の状態もピンからキリまでありますので、必ず下見には行きましょう。安いところはそれなりの理由があるものです。また、シェアメイトがどんな人なのかも要チェック事項です。

ページの先頭へ

フラットはどうやって選んだらいいの?
一番良い方法は「友達の紹介」ですね。これが一番安心です。また、現地情報センターの掲示板や新聞でも見つけることができます。いずれにしても、下見には必ず行きましょう。ただし、女性一人でフラット先に訪問するのは要注意。友人と一緒に行くべきでしょう。

ページの先頭へ

下見のポイントはあるの?
まずは一人で行かないこと。特に女性は注意ポイントです。
  • 1.電気代、高熱費などが料金に含まれるのか? 
  • 2.家具はついているのか? 
  • 3.料金はどうやって支払うのか?
など、部屋に関するチェックは勿論ですが、意外に重要なのが、夜道の安全性です。バス停、駅からどれくらい掛かるのか? 街灯があるのか? などフラット先での生活スタイルを想像してみると良いでしょう。

ページの先頭へ

フラット料金の支払い方法は?
フラットによって様々ですが、1、2週間もしくは1ヶ月分を現金で前払いというパターンが多いようです。中には家賃の数週間分を保証金として支払わなければいけなかったり、銀行振込で支払うという場合もあります。下見の際にしっかり確認しましょう。

ページの先頭へ

ファミリーと上手くすごすためには?
たまに日本の料理を作ってあげると非常に喜ばれます。西洋人にはちょっと甘めの「てりやきソース」がとても人気です。「TERIYAKI」と英語のなっているくらいです。寿司などの定番メニューはもちろんですが、「豚の角煮」などの甘辛テイストは人気で、何度もつくってあげたという話も聞きます。

ページの先頭へ

ホームステイでのトラブルって?
ほとんどの方は、ホストファミリーと友好的に過ごされますが、環境の違いや英語が出来ないことによる誤解からトラブルになることもあります。特に女性に多いのがシャワー時間。日本のように長時間のシャワーを浴びることは、無駄遣いと考えられ、トラブルになりがちです。また、その後にシャワーを利用する人にはお湯がなくなってしまうので、このトラブルは少なくありません。シャワーは短めに!

ページの先頭へ

ホームステイとフラットどちらがお得ですか?
食事はついているけど家族のルールに従わないといけないホームステイ、食事はついていないけど自由度が高いフラットシェア、どちらが得なのか? 迷うところかと思いますが、家具付きですぐに生活できるフラットは、そこそこ料金はするものです。また時期によって光熱費(エアコン・ヒーター代など)がかさむので、生活費だけでみれば、フラットのほうが高くつくのではないでしょうか。もちろん、食費をとことん削れば、この限りではありませんが。

ページの先頭へ

ホストファミリーへのお土産/その2
以前にもお答えした質問ですが、学校関係者から素晴らしいアイデアをお聞きしましたので、付け加えたいと思います。お土産にご家族で撮影した写真(着物を着て神社なんかだと、なおベター!)をお持ちするというものです。受け入れファミリーにしても、「この生徒さんにも家族があるんだよね」と配慮してくれるのが、ふつうの人間の感情ですね。それに、ホームステイ終了後も、受け入れファミリーの思い出になり、その後の交流も続けやすいようです。仲睦まじい家族写真、おススメです!

ページの先頭へ

ホームステイ先でのお手伝いって?
家族の一員として迎えられるホームステイでは、あなたはお客様ではありません。当然、家事を手伝ったり協力したりすることは前提となります。たとえば、ホストマザーが食事を作ったとすれば、食後の後片付けや皿洗いはホストマザー以外の仕事となります。自分のお部屋の掃除はもちろん、庭の手入れ、犬の散歩など家族の一員として協力することになります。

ページの先頭へ

ホストファミリーがシングルマザーなのですが…?
日本でも、離婚をしてシングルマザーで活躍している女性が増えていますが、海外ではそうしたご家庭は少なくありません。シングルマザーだからといって、現地生活に不具合が生じることはありません。むしろ、話好きで、面倒見の良いお母さんということのほうが多いようです。絵に描いたようなファミリーよりも、本音の人間関係を築いてみてください。末永くお付き合いできるホストマザーになってくれますよ。

ページの先頭へ

ホストファミリーが白人ではないのですが…?
年に一度くらいですが、こうした残念なご質問をいただくことがあります。オセアニアにしろ、カナダにしろ、移民によって成り立っている国家です。当然、アジア系や南米系のホストファミリーもいます。ファミリー内での会話が、英語以外になるようですと問題ありですが、通常そんなことはありません。逆に白人の方であっても、東欧やロシアからの移民の方ですと、あまり英語が上手ではないこともあります。生活していく中で理解できると思いますが、偏見は持たないようにお過ごしください。

ページの先頭へ

一軒家をみんなで借りるとお得ですか?
もし、あなたが、同じ場所で半年以上の長期滞在をされ、同じ期間、入居してくれるシェアメイトがいるのであれば、一軒家に住むことも可能です。そうすると、家賃は相場より安く上げられる可能性もあります。過去にもサーファー仲間で、ビーチエリアの一軒家をお借りになられた方もいます。しかし、自分以外の入居者のあてがないのであれば、部屋が埋まらないときの家賃負担が大きくなるので、あまりオススメできません。

ページの先頭へ

とにかく安く滞在する方法はありませんか?
現地での生活経験を積んだり、英語を習得する上で、とても効果的といわれるホームステイですが、出発前にリクエストした内容と明らかに違うことがあります。こんな場合は、学校はもちろんですが、ステイ先を手配したエージェントにすぐに連絡を取りましょう。 たとえば、動物の毛で喘息を起こすアレルギーがあるのに、ペットがいるご家庭になった場合などは、まったくのルール違反です。変更手数料なしで、新しいファミリーを紹介してもらえます。ただし、食事の内容が質素であるとか、嫌いなものばかりが出るといったレベルでの変更は難しいでしょう。