利用者の声

海辺の人のシルエット

一覧に戻る

フィリピン セブ島・カナダ | 語学留学 | 

セブでの学習経験で手応えを感じた

増田良太さん(大学生)

留学先の様子
とりあえず行ってみよう!

「セブ島留学が、流行っているらしい」、そう聞いて、僕は留学のプランを考えた。大学は1年休学するとして、その間に、いかにして英語を習得するか? 帰国すれば、就活があるし、なんとか英語をモノにしたいと考えての留学だ

ネットや大学でいろいろと調べたが、ホントの部分は行ってみなきゃ分からない。ともあれ、セブ島はリゾートだし、なんか楽しそうだし、とりあえず行ってみよう感覚で渡航。しかし、これは、けっこう当たりだった。東南アジア特有の暑さはあったが、元々、アジアや海外ボランティアに興味があった自分には、なんの抵抗感もなくスタートできた。

マンツーマン授業、長~い1時間。

まあ、シャワーの勢いが弱かったり、トイレの衛生面など、女子には、ちょっと気になるところかもしれないが、慣れてしまえばどうってことない。授業はマンツーマンがメインだから、これはハードだった。たぶん、どの学生も最初のうちは、1時間の授業がとても長く感じると思う。とにかく、ヒアリングとスピーキングは、マンツーマンゆえに逃げ場がない。受験英語しか学んだ事のない自分にとっては、1時間の長いこと、長いこと。(苦笑)

トロントへ渡って気づく、セブ島学習の効果。

しかし、この効果は大きかった。 基礎力がさっぱり出来ていなかった僕には、ここでマイペースで会話中心の授業が進められたことと、DUOという単語と熟語とイディオムがセットになった参考書を、ひたすら勉強したことで、なんとか通じるようになってきた。

セブには3ヶ月滞在し、その後、カナダのトロントで本格的な留学生活を送るのだが、トロントに3ヶ月前から来ている日本人より、セブで3ヶ月過ごした自分の方が、明らかにしゃべれると思ったし、すこし手応えを感じた。

初級者にはセブ島がおすすめ!

トロントのことも、もっと書きたいところだが、それは、次回にでも書かせていただくことにして、この体験記を終えたい。ひとつ思うのは、一般的な留学スタイルより、自分のような初級者には、セブ留学はツボにはまると思う。

一覧に戻る