利用者の声

海辺の人のシルエット

一覧に戻る

オーストラリア | ワーキングホリデー | 

ワーホリで後悔してません!

T.Kさん(社会人)

留学先の様子
実際に現地の人々と交流してみたいから、ワーホリで。

私の場合、留学するには予算的に厳しかったので、ワーホリという選択肢でオーストラリアを選びました。単に英語の習得だけではなく、オーストラリアの社会とか、実際に現地の人々と交流してみたいと考えていたので、ワーホリで良かったな~と思います。

オーストラリアの場合、LCCのジェットスターが飛んでいるので、これもありがたかったです。多少、国内の移動で時間がずれたりするので、東京や大阪に知り合いがいるなら、前泊させてもらう方がいいと思いますが、早くから席を予約するとかなり安く取れます。

学校に通って英語に慣れる

私は、ブリスベンとゴールドコーストを中心に生活していました。ブリスベンでは、学校に通い、少しずつ英語に慣れていけたと思います。

学校は、ICQAというところで、インターンシップや幼稚園でのボランティアなどがあって、ワーホリの人にとっては、いろんなチャンスがあると思います。友人は、学校終了後、ホテルインターンに参加しましたが、休日出勤などすると、かなりいいお給料になったそうです。また、農場とかのファームで働いていた子もいましたが、ファームでの仕事は、かなりハードだそうです。農作物にも寄るらしいですが、1つの農作物のシーズンが終わると、次の収穫をもとめて、みんな移動するそうです。ちょっと、私には無理かなと思いましたが、楽しそうに思えました。

日本食レストランとギフトショップに勤務

ちなみに、私は日本食レストランとギフトショップで働きました。 お客さんもスタッフも日本人が多く、英語を使う機会は少なかったですが、まかない付きだったので、条件的には悪くなかったです。ゴールドコーストでは、Tシャツとか販売していました。すごく楽しかったので後悔はしていませんが、もう少し英語を使う職場を選べばよかったと思います。

出発前の段階で中級レベルくらいだったら、もっともっと、いろんなことが出来たかもしれません。みなさんも頑張ってくださ~い!

一覧に戻る