現地リポート

お知らせ

世界と日本のバレンタインデー事情❤️

2018年2月15日

 

FE171EA2-33B0-4C1B-B2E1-1F5805354787

昨日2月14日は、バレンタインの日でしたね!
貰えた人、貰えなかった人、本命チョコに義理チョコ、最近では
女性の〝自分チョコ〟(自分へのご褒美チョコ)などもありますが、
皆様楽しい1日をお過ごしになられたでしょうか?

さて、今日はそんなバレンタインの日にまつわるちょっと小話を。

日本でバレンタインと言えば、女性が男性にチョコレートをあげる日、
となっていますが、海外ではどうでしょうか?

アメリカやカナダ、オーストラリア、イギリスなどの英語圏ですが、実は
日本のスタイルとは違い、バレンタインの日は男女共にチョコや花、そして
メッセージカードなどを添えて、双方に渡すんですよ〜

え!? 女の子が男の子にチョコをあげる告白の日じゃないの?」なんて
驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、互いに日々の感謝を相手に贈る日
になっており、カップルやご夫婦などは夜は2人でディナーなどに出かけたりも
しています。どちからといえば、男性の方が女性にチョコと花を送っていることが
多いように思います。これは日本と大きく違うところですね〜

そして3月14日のホワイトデーなるものはありません!(笑)双方渡すので、
その日(2月14日)で済んでしまいます。
これからご留学される方も、是非覚えておかれると良いかもしれません。

では、日本みたいに、女性が男性にチョコをあげる国はないの?というと、
ございます! それはお隣の韓国です。

韓国は同じく2月14日に女性が男性にチョコを渡し、3月14日がホワイトデーなんです。
さらに! 2月14日にチョコを誰からも貰えなかった、恋人もいない男性陣は、4月14日に
ブラックデーという日があり、この日は黒い服を着て黒い食べ物を食べるそうです(笑)
実は当方がカナダに住んでいた際も、この日韓国人の留学生集団が、街中にある
韓国レストランでジャージャー麺を食べている姿を何度も見かけたものです(笑)

また、最近人気の留学先であるフィリピンは、英語圏と同じやり方です。フィリピンの
場合、チョコよりも花束を渡してロマンチックな演出をして恋人と過ごすのが主流の
ようです。

このように、同じ行事1つでも国によって大きくその意味ややり方も違いがあるわけです。

留学をされた際は、こういった文化の違いを楽しむ(どうしてこういう風になったのか?
なども考えながら)過ごされてみるのも、とても楽しい勉強になるかと思います。

海外で体験する1つ1つのことには意味があり、そしてその国の歴史や文化など
たくさんの学びをくれます♬

今年こそは海外へ飛び立ちたい方、留学のご相談は、お気軽に弊社オーバーシーズへどうぞ♪