現地リポート

お知らせ

世界に誇れる日本の凄さ!

2018年7月3日

 

日本時刻の今朝行われたW杯の日本vsベルギー戦。

2ー2の状態から最後の最後に1点を入れられ、まさかの逆転負けをしてしまった

ゲームでしたが、世界ランキング3位のベルギーに2点先制して、

キーパーのスーパーセーブなども観れ、残念でしたが、とても良い試合だったのでは

ないでしょうか?


そして、サムライブルーの活躍ももちろんですが、日本サポーターの試合後の

ゴミ拾い活動は、近年のw杯では有名な光景となりましたね!


そして昨日の試合後、サムライブルーのメンバーが行った行動が、

また現地をはじめ、世界で賞賛されているのはご存知でしょうか?

12C07109-8F13-4F5D-99C4-C45436965F76

Japan team leave World Cup dressing room spotless with ‘thank you’ note in Russian
despite devastating loss

「負け試合の後にも関わらず、シミ汚れ無しの控え室に、ロシア語で「ありがとう」のメッセージ」

 

欧州サッカー連盟役員会場責任者でFIFA総合コーディネーターのプリシラ・ヤンセンス氏は

3日にSNS上で、ベルギー戦を終え日本代表チームたちが使用した後のロッカールームを撮影し、

コメントをしました。


スタジアムではファンに感謝を示し、ベンチや控室もすべて綺麗に片づけて、メディアの取材にも応じた。
彼らの控え室に残されたメモ書きにはロシア語で『ありがとう』と。すべてのチームにおける、
お手本ではないだろうか!
」と、その行動に感銘を受けたということです。


こちらの写真をよく見ると、スパシーバ(ありがとう)のメモの横には3羽の

サムライブルー色の折り鶴も見えますね。


こういった本当のスポーツマンシップは、日本人の誇れるステキなところだと思います。


海外留学も実は同じです。



海外に出た皆さんお一人お一人が日本の大使のようなものです。

皆さんの行動1つ1つが日本というイメージを作っていくわけですね。

こういった日本人らしさ、是非大切にしていきたいところです♬


そしてサムライブルーの選手の皆さんはもちろん、

夜な夜な頑張って応援されていた皆さまも、本当にお疲れさまでした!