トピックス

お知らせ

効果的な英語学習法について

2018年9月10日

【“音の反復練習”が王道】

学校の授業でずいぶん英語に時間をかけた割には、外国人と日常会話すらままならない――おそらく多くの日本人に共通の悩みではないでしょうか。

振り返ってみましょう。わたしたちが日本語を聞き取り、話せるようになったのは、どこかに通って学んだわけではなく、赤ちゃんのころから母親が何度も何度も話しかける言葉を通じてですよね。

一口に英語学習法といっても多種多様ですが、このように、音から入るのが実際的と言えます。そしてこのとき大事なのが、母親が何度も繰り返し話しかけるような“反復”なのです。反復して何度も聞くことで、耳が慣れて聞き取れるようになります。そして聞き取れるようになれば、話せるようになっていくのが言語というもの。赤ちゃんが話せるようになっていくのと同じです。

 BC_Activities-25

【有効なのは“日常が英語”環境】

多くの方に覚えがあることでしょうけど、日本にいて日常生活を送りながら英語を勉強するのは、相当に強い意志が必要です。英語を本気で身につけたいなら、普通に周りが英語である環境に身を置くのがやっぱり早道で、留学はとても有効です。

せっかく留学するのなら、その前後の学習上の注意点をまとめておきます。

 

☆☆留学前☆☆

英語がまったくしゃべれなくても、レベルに応じた指導が受けられるので心配はご無用。ただ、せっかくの機会を有効に活かすためにも、余裕があるなら中学英語程度の復習はしておいたほうがいいでしょう。

「実用的な英語を学ぶんだから関係ない」というのは誤解で、中学英語は英語力の土台となるものです。基本の英会話フレーズ、特に留学先で真っ先に必要になる自己紹介関連の表現を、参考書などで徹底的に反復練習して覚えておきましょう。本番前の練習のようなもので、安心感にもつながりますよ。

 

☆☆留学中☆☆

多少の間違いは気にせず、とにかく英語でコミュニケーションをするようにしましょう。「習うより慣れよ」ということわざもあります。とにかく英語を聞き、話すことに慣れるために留学しているということを忘れないでください。日本人同士でかたまらず、積極的にコミュニケーションをはかりましょう。

学校のなかには、「EOP=校内母国語禁止」としているところもあります。EOPは初級者には不安かもしれませんが、初級者だからいいという面もあります。自分がしゃべれなくても、周りの英語、しかも学習者の聞き取りやすい英語が聞けるので、上達にはちょうどいいという面もあるのです。

質問も、日本語ではなく、頑張って英語で聞くようにしましょう。この“不便さ”が力をつけてくれます。そして先生は、そうして頑張っている生徒には必ずていねいにやさしくつき合ってくれますよ。

 2012_Yumina

☆☆留学後☆☆

留学がゴールではありません。留学で身につけた英語力を維持し、さらに向上させるよう努力しなければ、せっかくの留学がもったいないというものです。

ご存知のように、英語は使わないと、読む・書くもさることながら、聞く・話すはサビつきます。語学学校が提供するオンライン講義や英語関連のアプリのほかにも、英語の映画を見たり、外国人と触れ合える交流イベントに参加したり、資格取得を目指すなど、英語学習を続けましょう。

短期でも留学を繰り返すのは、学習効果も高く、非常に有効です。手軽な留学先として、費用が安く日本から近いフィリピンはオススメ。実績豊富で現場をよく知っている弊社オーバーシーズ情報センターにおまかせください。

MBAS__International