トピックス

お知らせ

音声翻訳機があれば英会話は勉強しなくてOK?

2019年1月5日

【音声翻訳機が「もっと勉強したい」というきっかけに!?】

みなさん、あけましておめでとうございます。
よいお正月を迎えられたことと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、平成最後、新年号〇〇元年、最初の話題は、
「音声翻訳機があれば英会話は勉強しなくて済むのか?」

日本語で語りかければ、目的の言語で通訳してくれる音声翻訳機。
翻訳の精度がますます高まってきていて、
日常会話程度なら十分対応できるようです。
英語ができなくても、これさえあればもう大丈夫――なんでしょうか?

BSテレ東の番組『田村淳のBUSINESS BASIC』で、
ネットに繋がなくても使えるオフライン音声翻訳機「ili (イリー)」を手がけている
LogbarのCEO、吉田卓郎さんが語っていました。

開発前、すでにGoogle翻訳や日本企業の他アプリがあったものの、
何度も旅行で使っているうちに「使えない」と判断したそうです。

一番の理由は、インターネットにつながっていないと使えないこと。
次に、起動スピードが遅いこと。
どこの言語圏でも、ちょっと待たせると「早くしてよ」という顔をされ、
その顔を見るともう使いたくなくなったそうです。

それらを解決したのが、オフライン使用と高速翻訳を可能にした「イリー」というわけです。
発売当初1カ月で2億円売上げたといいます(単価は公式オンラインストアで税抜き19,800円)。

その吉田さん、当初は英会話教室などから「イリー」は敵視されると思っていたそうです。
でも、実際は違いました。
若い人たちは、「イリー」がきっかけで「話せる、楽しい!」となって、
「もっと自分で話せるようになろう」と思うんだそうです。
「イリー」の購入者の85%は40代~70代というのも、
そのあたりの事情が反映されているのかもしれません。

自分が話したことが相手に通じる喜びは、
外国語学習の大きなインセンティブ。
これは機械を介しては得られないでしょうね。
若い層ほどその喜びに敏感と言っては、言い過ぎでしょうか。

ちなみに「イリー」の声は女性ですが、その理由は、
「翻訳を間違ったときに、かわいく許してもらうため」と吉田さん。

さらに課題として、文脈に応じて音声に強弱をつけるなど、
人間同士では当たり前にやっていることがまだできないとのこと。
感情も含めた細かなコミュニケーションは、まだまだ機械(AI)には難しいようです。

⑦その他1

【自分で話せる力はこれからも必要】

音声翻訳機は今後ますます進化していくでしょう。
将来AIが人間と同様に、発言と真意が逆などの
複雑な文脈も理解したコミュニケーションができるようになり、
発話と同時に翻訳できるほど進化すれば、
外国語を勉強しなくていい日が来るかもしれません。

しかし、それがいつになるのかはわかりません。
来るとしても相当先だろうし、そんな日は来ないという声すらあります。

というわけで、音声翻訳機さえあれば英語を勉強しなくてもいいとは、
まだまだ言えないと思います。

あくまで一例ですが、私のまわりの若者のリアルな声として、
友人の娘さん(中3)の意見も紹介しておきましょう。
――今は翻訳機の性能が完璧ではないので、英会話は必要。
将来的には翻訳機で十分なシーンがより多くなったとしても、
交渉事など、場合によっては翻訳機を介していられないだろうから、
英会話の必要性がなくなることはないと思う――

一文単位の日常会話で十分というならともかく、
外国人と細かなコミュニケーションをとるには、
もっと言えば、仕事で十分に役立てたり、
海外旅行をより深く楽しむためには、
自力で英語を習得するほうが、はるかに早くて有効でしょう。

英語習得なら留学がお勧め。
生きた英語に囲まれ、いやでも集中せざるを得ない留学は、
本気で英語を身につけたい方にぜひ検討していただきたい有力選択肢です。

学校選びや授業内容、先生や生徒の様子、
日常生活や周囲の環境、そして気になる費用……etc.
留学に関するA to Zは、実績20年の弊社にお気軽にご相談ください。