トピックス

お知らせ

移住したい国1位はカナダ、日本は?

2021年1月1日

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりまことにありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさまにおかれましては、まさに時節柄、
くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

【日本は堂々2位】

海外送金サービス会社「Remitly」によれば、
2020年1月~10月、海外移住を調べるGoogle検索は、
新型コロナ禍の影響もあって全世界で約29%増えたそうです。

Remitlyが、101の国・地域に住む人たちの検索データから、
海外移住でよく使われる言葉の月平均検索量を分析し、
移住先として最も検索された国のランキングを公表しました。
トップ10は以下の通りです。(12/10付HUFFPOST)

1位  カナダ(30←移住を望む人の割合が最多だった国の数。以下同)
2位  日本(13)
3位  スペイン(12)
4位  ドイツ(8)
5位  カタール(6)
6位  オーストラリア(5)
7位  スイス(4)
8位  ポルトガル(3)
9位  アメリカ(2)
10位 イギリス(2)

1位のカナダは、留学先としてもトップクラスの人気を集める国。
国としての魅力が抜きん出ていますね。

日本を選んでくれたのは、
弊社が語学留学先として大得意としているフィリピンのほか、
カナダ、アメリカ、オーストラリア、モンテネグロ、ジョージア、
台湾、タイ、インドネシア、ネパール、ミャンマー、カンボジア、ラオス。

日本が選ばれた理由は、「おそらく、安全な国と評判が高いことや
仕事の機会、生活レベルのおかげ」と、Remitlyは言及しています。

1位のカナダから選ばれているのは何だかうれしいですが、
では日本はどこを選んでいるかというと、さほど人気がなかったイギリス。
難しいものです(^^)

ちなみに、お互いを1位に選んでいる「相思相愛」の国たちは、
ドイツとスイス、ニュージーランドとフィジー。

また、大陸・地域別の主な傾向は、
アフリカ、中米→カナダ
アジアや北米→日本
南米→スペイン
ヨーロッパ→ドイツ、スペイン
中東→カタール
となっています。


ワクチンの光明が見え始めているとはいえ、
足もとでは新型コロナの感染拡大は止まる気配を見せません。

個人的に怖いのは、国難に対処するはずの政治家が、
国民に自粛を要請している会食を相次いでやっていた等で、
政治家への不信感が感染拡大の一因になっているように思えることです。
感染防止を頑張っている正直者がバカを見るのはアホらしい、という感じで。

確かに報道される政治家の不祥事は情けないばかりですが、
だからといって自分だけでなく、家族や仲間をも危険にさらす
可能性がある行為を進んでやるのは、割に合わないと思います。
「お願いされるばかり」と腹が立ったとしても、合理的には、
手洗い・マスク・3密回避の努力を継続していくしかないかなとも。

今年もまだまだ新型コロナに振り回される日々が続くでしょう。
オリンピックという“プロブレム”もあって、微妙で難しい舵取りが迫られます。
それでも、国内では色々なことに様々な批判が渦巻いていても、一方で、
多くの国から「移住したい」と好意的に見られていることに、
私はちょっとだけ気持ちが軽くなりました。

牛&あまびえ絵馬_改