トピックス

お知らせ

夏のバンクーバー留学のススメ

2016年7月14日

世界的にみても比較的綺麗な英語を話す人気の留学先、カナダ。 驚く方も多いが、カナダも日本と同じように四季があり、特に西側の玄関口バンクーバーなどは 穏やかな気候と温厚な人柄、そして自然と街がうまく調和した人気の留学先で、 毎年世界の住みたい街ランキングに常に上位にランクインする場所の1つなのです。

そんなカナダの最高な時期と言えばやはり、夏!

日本のように気温は30度台まで上がる日もあるものの、バンクーバーにおいては 真夏でも通常20度台をキープ。その上湿度がかなり低いため、とても過ごしやすいのです。 湿度のない夏。これほど過ごしやすいのか!と感動すら覚えてしまいますが、 なんといっても空の色が日本と違うことにまず驚くはずです!!

夏のバンクーバーは夜10時ごろまで日が沈みません。 快晴の日の空は驚く程青く、地球は本当にこんなに青いんだ~と、その自然の 大きさに誰しも心奪われてしまうと思います。

バンクーバーはカナダ第3の都市ですが、アジア系にも広く門を開いていますので、 ワーキングホリデーの方なども仕事が探しやすく、生活に必要なものも十二分に揃い、 日本の美容室、ダイソー、ブックオフや日本語の通じる医療機関などもあるため、 初めてご留学される方にもオススメの都市の1つです。

そんなバンクーバーの夏はやはりキャンプやBBQ、そしてハイキングです。 しかしもし現地のカナダ人に“ハイキングに行こう!”と誘われても侮るなかれ(笑) 彼らの言うハイキングは、日本人のイメージするピクニックのようなものではなく、 かなり登山に近いものですので、間違ってもサンダルや短パンなどで行かないように したいものです。

このように、普段私たちがよく使っている英単語でも、実はその本当の使い方や 意味が全く違うものなどもたくさんあり、そういった本物の英語に触れられるのも 留学の醍醐味ではないでしょうか。

またこういったTPOに合わせた英語の使い分け方法など、機会があれば こちらでも書いていきたいと思いますのでDon’t miss it!

短期、長期、ワーキングホリデー制度など充実した カナダ留学が気になる~という方はまずはここからどうぞ!