現地リポート

お知らせ

学生さんは二学期開始ですね!

2017年8月28日

IMG_1641

8月も末ですが、福岡市の小中高等学校は本日から新学期というところも
多いかと思います☺️

長かった休み明けの子供達の登校姿は、実に疲れた感いっぱいで(笑)
自身も学生だった頃をちょっと思い出したりしてしまいました。

さて、日本では2学期が開始ですが、
海外の学校の多くは9月が新年度スタートとなるのはご存知でしょうか?

留学人気国の多くはこの9月新年度スタートの国が多く、特に正規留学を
される方や、現地の大学などへの進学希望の方は、頭の片隅にでも
この時期を忘れず覚えておいて頂けたらと思います。
(語学学校においてはこれは適応致しません)

高校を出て海外進学を考えられる方は、ご卒業後から約半年程
ブランクができます。

ではその間は何をするのか?
多くの方はご卒業後、4月などから現地入りして、まずは語学のブラッシュアップの
ために付属の語学学校へ通ったりして進学までの準備をしています。

留学は事前の準備がとても大切です。
特に長期のご留学をお考えの方など、このしっかりとした事前準備が
功を奏します。

さて2学期になり、今後の進路など少しずつ考えないといけない学年の方、
早め早めのご準備をすすめてくださいね!

 

お知らせ

人気の留学スタイルとは?【2017年現在】

2017年8月17日

IMG_1387

留学に行く人って、どこの国に多く行っているのだろう?
なんて思ったことはございませんか?

年間を通せばカナダやアメリカ、オーストラリアなどが多いのは
確かなのですが、最近はその留学スタイルが様変わりしてきています。

最近の人気の留学傾向として、まず近年集中型留学で人気のフィリピン留学
そしてその後に欧米諸国へ出るケースがどんどん増えてきております。
2カ国留学】というやつですね!

なぜその流れが人気を博しているのか?

まずはコスト面です✨(これ大事!)
フィリピンは日本に比べて物価もグンと安く、さらに欧米圏の語学学校に比べ、
同等の費用を出せばかなりのプライベートレッスンが受けられて
しまうというコストパフォーマンスの良さです。
温厚な人柄の人たちが多く、海も近いことから自然も語学も、
さらに短期間留学でも集中的に英語力を伸ばせる可能性があるということで
今本命留学としての人気のある国でもあります。

“留学のいろは” を学ぶには持って来いの国ということもあり、
まずはここを留学のスタートとし、短期間で英語力を伸ばしてから欧米圏へ
飛び立たれる方が増えているというわけです。

この留学方法の利点として、費用面以外にも英語力の基礎を作ってから欧米圏へ
行くため、欧米圏留学時の時短が期待されます。ビギナークラスからスタート
するのか、それとももう少し上のクラスからスタートするのか、希望する
英語力まで上げるまでにも、それだけでも滞在期間や費用面においても影響を
与えてきます。

それであれば短期間でグッと英語力を先に上げておく方が、後々2カ国目の時
にもいろいろと有利になるポイントは多いという考えからだと思います。

最近ではマルタ留学やベリーズ留学などもございますが、しかし現状として
“プライベートレッスン”にここまで力を入れている国は、現時点ではフィリピン
だけとなり、その他の国はグループレッスンを主に行っているわけです。

それであらば、欧米圏でグループレッスンを受ける費用で、プライベートレッスンを
受け、出来るだけ英語力を早い時間で伸ばし、その先に繋げる!

これもまた一手だと思います。

留学は語学を学ぶだけが留学ではありません。
語学の部分は早めに習得し、その言葉を使って現地の人たちとのコミュニケーションや
その国の文化を歴史、自然や学術を知って行く。それが留学の醍醐味の1つです。
日本では出来ない体験を求めて外へと旅立っていくわけですから、
あくまで語学は人とのコミュニケーションツールという認識をし、英語力の習得
だけをメインの目的にするのはもったいなく、語学は早い段階で学んでしまって
その先の出会いや経験を是非2カ国目で楽しんで頂くのも、有意義な留学となるのでは
ないかと思います☺️

時代により留学スタイルもどんどん様変わりしていきます。
しかしその時その時のトレンドには、ファッションのトレンドとは違う、時代の
ニーズに沿った動きがございます。

ご留学を検討される際は、そういった  “今の人の流れ”  というのを知っておくのも
有効だと思います。もちろん最終的にはご自身で国は選べば良いわけです。
普段からいろいろとアンテナを張って気がけておくことも、またいろいろな情報を
得ることができることでしょう。

今年こそは海外に飛び立ちたい!!
そんな方は弊社オーバーシーズへお気軽にご相談ください。
皆様のやりたい!を応援しています✨

 

 

お知らせ

フィリピンのインターネット設備整備に国が乗り出す!

2017年8月14日

IMG_1190

 

フィリピンは物価も安く、留学先として大変人気のある国の1つですが、
1つだけ苦労をする点といえばインターネット事情でしょうか。

現地の語学学校でもwifiが使えるものの、休み時間にもなれば一気に生徒が
ネット回線へつなごうとするため、繋がらなかったり、また繋がっても
とにかく遅いということもしばしば、、

通常のスピードでも日本の4分の1程と言われていますので、現状として
ご留学前に日本でポケットwifiを借りていく、または現地にて低価格で
(2000ペソ程度)LTE対応のポケットwifiを購入される方も多くいらっしゃいます。

そんなフィリピン国家ですが、このネット環境問題は以前からも問題視されており、
そしてついに動き出しました!!

IMG_1188

フィリピン政府は全国規模でのインターネット環境整備に乗り出し、
国内の無料Wi-Fi網の構築に向けて、30億ペソ(約67億円程)投入していくことを
決めたのです!

予定では1万3,000ヶ所のWi-Fiスポットを設置予定で、フィリピン現大統領の
ドゥテルテ大統領は、昨年の演説にてフィリピン全土をカバーするブロードバンドの
ネットワーク構築を公約の一つに掲げていたと言います。

そして現在のホットスポットは318ヶ所程で、今後は病院、学校、空港などの公共施設を中心に、
無料のWi-Fiスポットをさらに設置していくようで、そうなると留学生にとっては大変便利で
助かることは間違いなし!

ホテルでも日中しか繋がらないところや、繋がってもとにかく遅い〜という声が
これから軽減していきそうです

フィリピン留学がさらに快適になるのではないかと、期待したいところです✨✨

 

 

お知らせ

親子留学のススメ

2017年7月12日

IMG_9164
これから夏休み!
海や山、どこに行こうかな〜とワクワクな季節になりますね。

留学に関しても実はこの夏の時期、また春休みなどは
子供とママやパパと一緒に短期留学する『親子留学』の話題が
上がってきます。

子供はキッズクラスで、そしてママやパパは大人のクラスで英語学習が
受けられ、しかしながら同じキャンパス内での受講となりますので
親にも安心な留学スタイルなんです。

特にオススメはカナダやオーストラリア!
大自然、人々がおおらか、治安面などから人気のある国です。
特に夏の季節はカナダの西側バンクーバーなどは湿度の無い最高な夏が
待っています!さらに夜の9時ごろまで日が沈まない季節ですので、
アクティビティーや外を満喫するには最高な季節!!
そして日本と気候が真逆のオーストラリアでは冬の時期になりますので、
暑さがダメ〜〜という方や、湿度も高くないため過ごしやすく、とにかく
日本の暑い夏から逃れたーーい!という方にもオススメな留学先です。

また費用面をご考慮されるならフィジーや昨今人気のフィリピンへの
ご留学先もございます。

午前中はクラス授業がメイン。そして午後からはアクティビティーなども
たくさん用意されてあり、1週間などの短期からでも参加できる学校も
ございますので、まずは海外留学とはどんな感じなのか?将来的に
子供に海外留学させたいけど、まずはお試しで参加してみたいなどでも
良いかと思います♪

短い期間であれ、お子様にとってはとても忘れがたい体験になることは
間違いないと思います。また小さい時から外の世界に触れることは、
将来的な価値観や物事の視野を大きく広げてくれることかと思います。

特に小学校の中学年からですと、いろいろ動きやすく、また英語の環境下
でもお子様も順応性は高いと聞きますのでオススメです!

今年はダメでも来年や次の春休みなどにご計画されてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

お知らせ

留学人気国の飲酒・喫煙OK年齢とは?

2017年7月8日

IMG_8998

 

これからご留学に行かれる方の中にもお酒を嗜まれる方、
おタバコをお吸いになる方も多くいらっしゃることでしょう。

日本ではいずれも20歳からと決められておりますが、国が違えば
法律も違うわけで、今日は知っていそうで意外と知らない留学人気国の
飲酒と喫煙のOK年齢について書いてみたいと思います。
(なお筆者はいずれもしないため、どこで買えますか?などの
ご質問はご容赦ください。笑)

そして今日は皆様がよくご留学に行かれる国のみの情報となります点
ご了承頂けたらと思います。


アメリカ→ 現在50州全てで飲酒は21歳からとなっています。
喫煙はアラバマ、アラスカ、ユタ州は19歳から、その他の州は18歳
からのようです。但しハワイ州のハワイ郡(ハワイ島)では、喫煙が
21歳からとなります。アメリカ国籍を持っていなくても適用されます。


カナダ→ アルバータ州、マニトバ州、ケベック州のみ18歳から
お酒の購入、または飲酒可能ですが、それ以外の州、準州では19歳から
となりますので注意が必要です。留学生の多いバンクーバーやトロントは
19歳からとなります。
また喫煙は飲酒のルールとまた違い、下記の通りとなります。
19歳:ブリティッシュコロンビア州、オンタリオ州、ニューブランズウィック州、
プリンスエドワードアイランド州、ニューファンドランド・ラブラドール州、
ノバスコシア州、ヌナブト準州
18歳:アルバータ州、マニトバ州、サスカッチュワン州、ケベック州、
ノースウェスト準州、、ユーコン準州

 

オーストラリア→ 飲酒・喫煙共に18歳からとなります。

 

ニュージーランド→ 飲酒・喫煙共に18歳からとなります。

 

イギリス→ 18歳以上から。
例外として※パブで食事をする場合、一部パブでは16歳以上から食事と一緒に
アルコールを注文することができます。家庭では5歳からの飲酒が認められています。
えっ!?5歳から!?((^◇^;)ちょっとびっくりですが、これは世界でも稀にみる
ケースです。そして喫煙は16歳以上から。注意すべき点として屋内公共空間と
職場では禁煙ということです。


フィリピン→ 飲酒・喫煙共に18歳からとなります。

 

韓   国→ 韓国では数え年というのがあるのはご存知でしょうか? ここがちょっと
難しいところですが、飲酒、喫煙が法的に可能となる年齢は満19歳になる年の
1月1日からとなるそうです。数え年ですので、多くの人が高校卒業と共に飲酒が
可能になるのだとか。


これらは法律ですので外国人であっても適応されるルールです。
郷に入っては郷に従えというように、その国に行けば日本人であれその国の法律が
適応されることは常に頭の片隅に置き、節度のあるオトナとしてのマナーをもって
嗜まれてくださいね♪

 

 

 

お知らせ

日本から出来るフィリピン留学への準備とは?

2017年7月3日

IMG_8912

昨今人気のフィリピン留学✨

欧米諸国への留学に比べ費用面も安価で、さらにプライベートレッスンを
主体にしたスタイルのため、英語力が短期でググッと上げられることから
学生・社会人、そしてシニア層にも人気のある留学先です。

しかしもちろん全ての方が何もしないで見る見る間に英語力が勝手に上がって
いるわけではない
ことは覚えておいて頂きたいところです。

特にプライベートレッスン中心ですので、まずは先生との1対1での会話です。
グループレッスンでは授業中ちょっとの間でもボッとできる時間もありますが、
1対1では常に会話のキャッチボールが必要です。それも英語でです(笑)

そうなると必要なのがボキャブラリー力。語彙力ですね。
できるだけ多くの単語は知っていて損はありません。これは留学前からでも
事前に勉強できるところですので、是非とも1つでも多くの単語を覚えて行かれ
ると良いかと思います。

 

ではどんな単語を覚えていけば良い?という声が聞こえて来そうですが、
まずオススメ致しますのは「文法単語」です。

例えば、動詞や名詞、動詞が変形する〜などの「文法を教えてもらう際の単語」
というのを覚えておく必要があります。

動詞はVerb(ヴァーブ)、名詞はNoun(ナン)、動詞が変形する〜というのは
Conjugate(コンジュゲート)と言います。

これは意外に盲点ではないでしょうか?
日本の英語の授業では “日本語で英語を習ってきている”ため、肝心な
「英語を習うための英単語」を覚えてきていないのです。

これはとってもとっても重要なことですので、是非メモを(笑)


そして次に大切になることは、授業に参加する姿勢です。
これも当たり前のことのように聞こえますが、ここでお伝えしたいのは、
授業に参加するための準備です。

プライベートレッスンでは先生からいろいろな英語の文法や会話を教えて
頂けるわけですが、あくまで一方通行な授業ではなく、対話です。
時には普段のことについて聞かれたり、日本のこと、趣味や好きなことの話
などすることもあります。

◉福岡ってどんな街なの?
◉あなたの趣味は何?それはどういうものなの?
◉家族のことや、学校、仕事などなど・・・
◉ フィリピンの生活はどう?

日本人同士でもあるように、人と会話する際は当たり前のように話されるトピック
です。これらは英語になったって同じです。

英語力に自信がないな、、という方も、自身の身の回りのことを簡単に説明できる
ぐらいの内容は事前に用意しておいて良いかと思います。最近ではこういった会話
中心の書籍も多くありますので、気に入った1〜2冊を持って行かれることをオススメ
します。

僕の住む福岡は九州の中心地で、全国で5番目ぐらいの都市です。しかし福岡人は
全国の都市ランキングは東京・大阪・福岡やろ!と思っていて、とっても福岡愛が
強いんです(笑)
」などちょっとクスッと笑えるようなエッセンスを入れた内容など
考えていても面白いかもしれません。

現地では日本語での英語本などありませんので、是非こういった書籍物は日本から
準備されて(大荷物にならない程度に)数冊でもいいですので持ち込まれるのが
良いかと思います!

楽しく、充実した留学期間になるように、日本からできることはやっていく!
これが留学の成功のカギを握っているかと思います。

 

 

お知らせ

留学先でのビザ延長時の注意点

2017年6月16日

 

IMG_8484

皆さんが海外へ短期なり長期なり留学やワーホリなど出られる場合、
必ず必要になってくるのがビザの問題です。

もちろんかなり短期間の滞在であればパスポート1つで入国可能という国も
ありますが、ビザを申請されて行くにしても、ビザ無しでご入国されるにしても
その理由は入国管理局にとってはとても大切で、そしてそのデータは少なくとも
先5年程は残ると言われています。

よく耳にする話なのですが、観光ビザでその国に入国して、期間が切れそうに
なったため、一度帰国などしてまた比較的短い期間で同国に行かれる際は
特にご注意を。

過去にあった事例として、観光ビザでその国へ入国。観光ビザで滞在できる期間が
過ぎ一旦は帰国するものの、1ヶ月で舞い戻る。
その時その方は素直に現地に彼氏がいて、その彼に会いに来たと入国管に伝えてしまいます。
もちろんその場合でも入国自体はできたのですが、問題はその先にありました。

2度目の観光ビザでの滞在期間も期限を迎えた頃、やはりもう少し残りたいなと思い、
今度は学生ビザを取るよう手配しました。しかし結果は✖️。その方は国外にまで
出られて学生ビザ申請をされましたが、面接の際、
“あなたがこの国に残りたい理由は本当は学業ではなく、彼氏さんと一緒に居たい
からでしょ?”とハッキリと言われたと言います。一度出た結果をひっくり返すことは
ほぼ不可能で、その方は帰国の途につきました。

どこの国でも共通して言えることは、この人物は不法滞在をしないかどうかという点は
最重要項目として見ています(実際当方友人も移民局(日本で言う法務局ですね)に
勤めていたので同じことを言っておりました)その国の国民(や移民)でない限り、
自国へ戻ることは義務なのです。

特に現地の方との恋愛においては不法滞在数のUPにも繋がりやすいようで、入国の際に
その発言をほのめかすと必ずデータとして残されてしまいますので、もし、
万が一そういうご事情であっても、発言しない方がベターであることは明々白々です。
また同様に、フィアンセがいるから〜も同じことで、正式な法律上での結婚という形式を
取っていない限り、その関係がどう転じるかもわからないため、場合によってはその相手の
電話番号を聞かれ、その場で抜き打ち電話をかけられるケースなどもあります。

それであれば、入国されるビザが何ビザなのかというスタンスを理解した上で、
観光ビザであればその国の文化に興味があることや旅行などを楽しみたい旨を伝え、
学生ビザであればもちろん学業が目的ですので学びをしに来た旨を伝えるよう、
きちんと適切な理由を考えて発言しなければいけないということです。

同じ国に何度も足を運ばれる留学エキスパートさんもしかり、この点はビザの延長
申請をされる際、しっかりと考えられてから申請を行なってくださいね!
全ては自己責任となりますので、オトナのモラルを持っての行動が必要とされます。

 

 

 

 

お知らせ

中学英語だけで読める英語ニュース

2017年5月30日

English concept with young woman

 

英語の本や文章、ニュースなども読んでみたいけど、
難しい~~~~!という方いらっしゃいませんか?

実は英語学習において、大きく分けると2つのスキルに分かれます。

1つはリスニングとスピーキング。聞く力と会話力ですね。
そしてもう1つはリーディングとライティング。読む力と書く力です。

この2つは各々別の伸び方、学習法が必要になると言われています。

リスニングはまず最初に伸びるスキルです。
日本人の場合、その次に伸びやすいのがリーディングと言われています。
中学校から少なくとも高校までの6年ほど英語を触れている方も多い
かと思いますので、実は英語の習得においてもここをうまく伸ばすと
上達も早いのかもしれません。

しかしながら英文を読むというのは一苦労・・
文章のまとまりごとに文を切って訳して~などしていると、しまいには
結局何の話だったのかも忘れてしまいます(笑)

そこで本日オススメしたいのが、こちらのサイト、
えいごネットです!!

→http://www.eigo-net.jp/easy_reading/(えいごネット)

こちらはそもそも英語の教員のためのサポートサイトなのですが、実に
うまく構成されております。

時事問題やニュースなどを“中学英語だけで読める”内容に噛み砕いて
おり、さらにはわからない時には下に対訳や、このアーティクルの中で
重要な単語などもまとめてあります。

オススメの学習法として、まずは文章を声に出して読んでみる!
下手くそな発音でもOK! 大切なのか音に出して読んでみると
いうこと(これが最終的にリスニングのスキルアップにつながることは
言うまでもなく)

それから内容の意味を考えて読み進めてみてください。

内容も短いものが多いですので、少しずつでも良いので読んでみる癖を、

そして声に出して文を読む癖を付けてみてください。

これが実に大きな実りをもたらしてくれることをいつか体感できるかと
思います。


英語力が初級という方ほど、1つ1つの勉強を丁寧に積み重ねていくと、
しっかりとした土台を作れますので(建物も同じですよね!)英語初めてで
勉強法がわからないという方は是非こちらのサイトをうまくご活用に
なられてみてはと思います♪

 

 

 

お知らせ

:::武士道:::

2017年5月2日

 

5月になりました!
桜の時期もあっという間に終わりを告げ、深緑の広がる季節となりましたね!
新しい生活がはじまり、皆様も新生活に慣れるのに大変な時期かと思いますが、
今の時期は体調を崩しやすい方も多いですので、お身体にはご自愛されて
日々の生活も頑張られてくださいね!
何事もバランスが大切です。

さて、皆様は新渡戸稲造をご存知でしょうか?
いろいろと功績のある方ですが、パッと思い付くのはやはり5千円札ではないでしょうか。
しかし日本での彼の功績への知名度はやや薄いかもしれませんが、実は新渡戸稲造は海外で
ちょっとした有名な人なんです。

IMG_7017

それは、彼が書き下ろした【武士道】という著書です。
新渡戸稲造の代表作とされる「武士道」は1899年(明治32年)、外国人に日本のことを理
解させたいという願いから、英語で出版されました。この本は英語圏だけにとどまらず、ドイ
ツ、ノルウェー、スペイン、ロシア、イタリア、ポーランドなどでも出版され、多くの言語に
翻訳されベストセラーとなったそうです。

IMG_7018

 IMG_7016

この武士道の背景には、神道の自然崇拝や、運命に委ねるという仏教の感覚が流れているこ
とを明かし、「論語読みの論語知らず」といわれるのと同様に、武士道は「知識」を目的で
とするのではなく、「叡智獲得の手段」とし、武士道はただ実践のみを求め、知識が行動と
して現れる事で評価されると解説されております。


武士道を形作る「義」「勇」「仁」「惻隠の心」「礼」「誠」「名誉」「忠義」などの章に
分けてその意義を説いています。

そして、武士の教育や訓練、義務として課せられる忍耐や我慢、切腹や敵討(かたきうち)
の制度などを取り上げています。
近代以降の世界各国が認識する、日本人像「サムライ」に大きく影響を与えた1冊だと言われ
ています。

 

実は本日なぜこの歴史的話を挙げたのかと言いますと、現代の私たち日本人は自国のことを
あまりにも知らないまま外の国に出てしまっていると思ったからです。

海外へ出ると、「あぁ、私は日本人なのに、実は日本のこと何も知らないな」と思われる
方、実は多くいるんです。そして当方もその一人で、初めて海外留学をして学校に行った時、
ロシアの子に日本の政治(それも政党やその違いなども!!)を聞かれ答えられなかっ
たり(照)、日本の歴史を聞かれあまり知らなかったり(恥、汗)、カナダ人にこの新渡戸
稲造の武士道についてどう思うか聞かれ読んだこともなかったし、、、(大恥)

日本人でながら、自分の国に全く目を向けていなかった自分を恥じた日もどれだけあったこ
とか(笑)

その後帰国した当方は、出来る限り日本国内を旅行して、日本を自分の目で見てみました。
そして、世界から日本はどんな風に見られているのかなど、改めて自身のルーツを知り、そ
してそこから沢山の新しい学びもありました。

海外の人たちから見る日本。きっと皆様の新しい窓を開いてくれることだと思います。
そしてそんな時、単語を繋げてでも説明の出来る知識は、海外に出られる前に持っておかれ
ると会話のネタにもなるかと思います。

ネットでもとても簡単に海外の人から見た日本や、外国人が興味あるところなど検索が可能で
すので、お時間ある時にも是非

 

外国人から見た日本人のナゼ?

世界で有名な日本人【現代版】

 

余談になりますが、この新渡戸稲造は晩年アメリカへ奥さん(アメリカ人)と渡り、カナダ
で倒れ亡くなっています。この時代に国際結婚していたところを取っても、実はとてもハイ
カラな偉人だったのかもしれませんね!

本日はいつもと趣向を変えまして、歴史を紐解きしてみました!何かのご参考になればと思います。

 

 

 

 

 

お知らせ

ご卒業おめでとうございます

2017年3月17日

IMG_5586

別れの季節、3月。
3月のはじめにはほとんどの高校・大学が。
そして先週には福岡市立の中学校、次いで本日は福岡市立の小学校の卒業式です。

たくさんの夢を持って次の学び舎、そして社会に旅立っていく子供達をみていると、
なんだか自身のことを思い出します。

卒業後転校してしまった友人のこと。新しい制服に袖を通し大人になった
気がした日。公立高校合格発表を、受験した仲間5人で見に行き、うち友人1人だけ
ダメで静まり返った帰りの車の中のこと(笑)
今はもう歌わないのかもしれませんが、大人になって【仰げば尊し】の歌の意味がわかり、
時代がいくら変わろうと先人たちも卒業や別れの時はこんな気持ちだったんだな〜と知ったこと。

大人になってしまうとやりたくても出来ないこともたくさんあり、
大人になったからこそ出来るようになったこともたくさんある。

当方にとって留学もその1つで、始めはもちろん親の支援で行ったのですが、20代にも
なると自身で稼いで自分で決めて行く。これが大人になった良さ。もちろん責任も自分。
だけれどその苦労は何倍にも良いものとなって返って来た。

卒業を機に外の世界へ飛び立つ方もいらっしゃるでしょう。
不安もあるだろうけど、みんなおんなじ。
しかし勇気を持って一歩踏み出せば、何かが変わる、何かか動き出すのです。
きっと日本ではないたくさんの出会いと学びがあると思います。
これから沢山の世界に羽ばたく子達が増えて欲しい。
今より何倍も広い世界を見て欲しいと、心から思います。

そして皆様の門出、心よりお祝い申し上げます。


新しいスタートを海外で始めたい!そんな方は弊社オーバーシーズへご相談くださいネ。

 

IMG_5584