NOTITLE

【7割がポイント還元がある販売店に好感】

アマゾンが通販サイトで取り扱うすべての商品で、
購入額の1%以上をポイント還元する方針を示したことをめぐり、
公正取引委員会から「優越的な地位の乱用にあたる可能性がある」
と指摘されました。
問題視されているのは、還元分を出店者が負担する点です。
同様にポイントを提供する楽天やヤフーも実態を調査するとのこと。

2019年3月上旬時点でこの問題がどうなるかわかりませんが、
私が目を引かれたのは、報道(2019.2.23付日経)にあった
ポイント還元を好む日本人の傾向です。

物流支援の米マンハッタン・アソシエイツによれば、
販売店に好感を抱く要因として
「ポイントカードなどの優待プログラム」を選んだ人は、
日本が70.8%だったのに対し、
中国は29.0%、米国は11.0%だったそうです。
日本人のポイント好き、何かを貯めるのが好き
という性向がうかがえますね。

ポイント好きは、値引き交渉をする習慣があるかないかも
影響しているのではないかと思います。
値引き交渉をしないかわりに
後で現金がわりに使えるポイントがもらえるなら、
値引きしたのと同様の満足感が
得られるということではないでしょうか。

ただ、その場で現金値引きと、
後日使える同額のポイントをもらえるのとでは、
前者のほうがお得なんです。
例えば10%引きと、10%ポイント還元を比較してみると――
10,000円のものを9,000円で買った場合は10%引きですが、
10,000円のものを買って1,000円分のポイントをもらうと、
11,000円分を10,000円で買ったことになるので、
約9.1%引きとなります。

amazon

【キャッシュレス決済の真の目的は?】

ポイント還元はキャッシュレス決済を推進する有力策でもあり、
政府もキャッシュレス決済の普及に力を注いでいます。
インバウンド需要の取り込みにも役立つと見られています。

ユーザーにとっては便利な面も多いキャッシュレス決済ですが、
オンラインで決済する以上、販売側からすれば
取引の記録が明確に残ることになります。

税務署が課税所得を把握しているのは業種によって差があり、
給与所得者は約9割、自営業者は約6割、
農・林・水産業者は約4割と言われています。
いわゆる「クロヨン(9・6・4)」ですね。
この真偽はともかく、キャッシュレス決済普及の一番の狙いは、
(特に中小からの)税収確保ではないかという話も……

もちろん納税に不公平があるとするなら、
それは正されなければなりません。

最後に、最近ラジオで耳にして「なるほど!」と感心した
謎かけ風フレーズをご紹介します。

「税金は水である。節すれば知恵、脱すれば命とり」

【2017年のレジャー1位は国内旅行】

『レジャー白書2018』(公益財団法人日本生産性本部)によれば、
2017年、最も多くの人が楽しんだレジャーは「国内観光旅行」で、
2011年以来7年連続の首位をキープしました。

ちなみにレジャー人口のトップ10は以下の通りです。
1  国内観光旅行――5,240万人
2  外食(日常的なものは除く)――3,980万人
3  読書(仕事、勉強などを除く)――3,870万人
4  ドライブ――3,810万人
5  映画(テレビは除く)――3,420万人
6  複合ショッピングセンター、アウトレットモール――3,310万人
7  音楽鑑賞(配信、CD、レコード、テープ、FMなど)――3,190万人
8  動物園、植物園、水族館、博物館――3,090万人
9  ウォーキング――2,970万人
10  カラオケ――2,920万人

「海外旅行は?」という声が聞こえてきそうですが、
まだトップ10に入るほどの規模ではありません。
日本政府観光局(JNTO)によれば、2017年の出国日本人数は1,789万人。
旅行も仕事も全部合わせた数字です。

ただ『レジャー白書2018』によれば、海外旅行は大きく伸びたとのこと。
旅行人気は相変わらず、というところでしょうか。

 三次駅

【旅は本来つらいもの】

老若男女問わず人気の旅行=トラベルですが、
「travel」は本来、つらいものを意味しました。

この語の語源はラテン語のtrepalium(拷問の責め道具)で、
tre(=three)+palium(=stake=杭、棒)、
つまり3本の杭を使った拷問具のことでした。

このためtravelという語は、初めは「苦しめる」という意味で、
それから「歩いて自分の体を苦しめる」ということになり、
「旅行する」という意味が生まれました。

今日でこそ旅はレジャー人口1位になるほど魅力的なものですが、
かつては、移動ひとつとっても、いまとは比べられないほど大変だったでしょう。
旅は苦労の象徴だったんですね。

日本にも「かわいい子には旅をさせよ」ということわざがあります。
わが子がかわいいなら、親元で甘やかさずに、
世間のつらさ・厳しさを体験させたほうがいいという、愛情の裏返しです。

今年は改元にともない、GWに10連休とれる方もいらっしゃることと思います。
そうでなくても、旅行の計画を立てている方も多いのではないでしょうか。

もし道中、悪天候に見舞われるとか、
飛行機や列車が遅れる、
ホテル・旅館が思いのほかよくない、
サイフを落としてしまう、
置き引きに遭ってしまう、
思わずケガをしたり病気になったりしてしまう、
人出が多すぎて見たかったものがゆっくり見られない、
食べたかったものが食べられない、
買いたかったものが買えない、
やりたかったことができない、
思っていたほど楽しくない…………
たとえ望んでいた通りにはならなかったとしても、
それは本来の意味にかなった、自分を鍛える“苦労”と考えれば、
それもまた記憶に残るいい旅になるのではないでしょうか?

全くの余談ながら、私は『水曜どうでしょう』(知る人ぞ知る
北海道の伝説的なローカル番組)のような、“苦労だらけ”の旅に憧れます。

※参考文献:奥津文夫『英米のことわざに学ぶ 人生の知恵とユーモア』(三修社)

三江線一部運転見合わせ

三江線ラストイヤーだったのに……(2018年2月)

 

 

 

 

 

【書の達人でもあった弘法大師】

今月24日まで東京国立博物館で開かれている
「顔真卿 王羲之を超えた名筆」展。
先日、中国に造詣が深い先輩と会ったときその話になり、
顔真卿のすばらしさを熱っぽく語っていました。

私も高校時代、書道の授業を選択していて、
顔真卿のりりしい楷書を学んだことがあり、
すっかりその字に魅了されました。
まあ、いくら練習しても、少しも近づけませんでしたが……

日本にも書の達人、いわゆる三筆と称される人たちがいます。
空海、嵯峨天皇、橘逸勢(たちばなのはやなり)がそうです。

特に空海(弘法大師)は有名で、
「弘法筆を選ばず」「弘法にも筆の誤り」といったことわざにも登場します。

わざわざ説明するまでもないでしょうけど、
前者は、本当の名手はどんな道具でもうまく使いこなす、
後者は、どんな名人でも時には失敗することもある、
というような意味ですね。

さて、日本では達人の代表として空海が選ばれていますが、
英語ではどうなっているんでしょうか?

高野山

【ホメロスが達人代表】

「弘法筆を選ばず」は、英語では、
「The cunning mason works with any stone.」
(腕のある石工はどんな石でも仕事をする)と言い、石工が登場します。
具体的な個人名は出てきません。

一方「弘法にも筆の誤り」は、英語では、
「(Even) Homer sometimes nods.」
(ホメロスでさえも時には居眠りをする
→時には居眠りをして作ったような凡句がある)と言い、
こちらはギリシャの大詩人であるホメロスが登場します。
英語圏で達人・名人と言えばホメロスなんですね。

ホメロスは、西洋文学最初期の叙事詩『イリアス』や
『オデュッセイア』の作者とされている人物。
現代でも使われる「トロイの木馬」や、
弱点を意味する「アキレス腱」の出典はこれらの作品です。

空海とホメロス、時代こそ違え、ことわざにも名を残す偉人ですね。

さて、西洋で書道にあたるものはカリグラフィー。
書道に上手・下手があるように、当然カリグラフィーにもあるんでしょうけど、
私はどちらも目利きに自信がありません。


※参考文献:牧野髙吉『日英の発想の違いが面白い! 英語対訳で読む 日本のことわざ』(実業之日本社)

【「Can you~?」より「Do you~?」】

以前、海外に行ったときのこと。
ホテルのフロントに問い合わせたいことがあって、
日本語が通じればラッキーと思い、
「Can you speak Japanese?」と聞いたことがあります。
答えは「No」でした。

当時は全然気にしなかったんですが、
「Can you ~?」は、英語文化ではあまり好まれない表現なんですね。

もし、相手ができなければ、
「I can’t ~」(私は~ができない)と答えさせることになり、
相手を傷つけることにもなりかねないからです。

では、どう尋ねるのか。
「Do you ~?」と聞けば、できない場合でも相手は、
「I don’t ~」(私は~をしない)と答えることができ、
できないという事実を明確にしなくて済むというわけです。

なるほど、日本語でも気をつけたい心配りですね。
「~できますか?」とか「できましたら~」とか、
私は日常よく使っていますが、
相手の都合を聞くときはまだよしとして、
相手の能力にかかわるときは、慎重にならないとなあと思いました。

(参考文献:森田正康+カン・アンドリュー・ハシモト
『外国人から日本についてよく聞かれる質問200』 クロスメディア・ランゲージ)

CC_Students-4

【英語は肯定・能動を好む】

英語では、否定的・受動的な表現よりも、
肯定的・能動的な表現を好む傾向があることは広く知られています。

例えば――
「このドアから出入り禁止」→「Use the other door.」
「芝生に入るべからず」→「Keep off the grass.」

英語ではどちらも、特定の行為を禁止(否定)するのではなく、
特定の行為をやらないことを肯定的・能動的に選択させるような表現ですよね。

こうした言語表現にうかがえる積極性のようなものは、
当然、発想や思考にも通じるでしょう。

何かで読んだか聞いたかしたフレーズで、私のお気に入りに、
「(ルールに)書かれていないことは、日本ではNG、アメリカではOK」
というものがあります。

どちらも一長一短ある姿勢だと思いますが、
今日のように変化のスピードがはやい時代ですと、
後者のほうがより有力なんでしょうね。
時代を創り変えているとも言われている
GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)が、
すべてアメリカを代表する企業というのも、象徴的ではあります。

もっと発想を広げられるようになりたい、
積極性を身につけたい……なら、
発想術や思考術の勉強もいいですけど、
英語を習得したほうが早道かもしれませんよ。

英語ができるようになれば、少なくとも、
自分の可能性(やりたいことの世界)は広がりますから。

 

【欧米ではお酌はNG】

世代によって違いはあるかもしれませんが、
「さあさあ」「これはどうも」なんて感じでお酌し合う光景は、
忘年会や新年会に限らず、飲み会の定番シーンではないでしょうか。

お酌を受けるときは、まだお酒が残っていたら飲み干してから受け、
お酌されたら、飲まないままテーブルに置くのはよくなく、
一口でも口をつけるのが礼儀とされています。

自分のグラスが空いているのに、誰からもお酌されないと、
特に飲みたいわけでなくても、ちょっとさみしかったりしませんか。
これも人によるとは思いますが、
日本では自分で自分の酒をついで飲むのはわびしいという感覚があり、
「手酌で失礼します」と言うこともあります。

ところでこのお酌、欧米人には不快感を与えてしまうというから、
難しいというか、おもしろいというか……

欧米では、男性が女性にワインなどを注ぐことはあっても、逆はまずありません。
男性が女性にお酌を求めるのもNGです。

お酌

【お酌は「持ちつ持たれつ」の確認】

欧米では基本的に自分の酒は自分でつぎ、マイペースで飲むのに対し、
日本では、「差しつ差されつ」酌〈く〉み交わすのが一般的な飲み方で、
その際、ビールの大瓶は重宝します。
「差しつ差されつ」を続けるには、大瓶じゃないとすぐなくなりますからね。
一方、個人がベースの欧米では、小瓶が普通です。

奥津文夫氏の『英米のことわざに学ぶ 人生の知恵とユーモア』(三修社)によれば、
「差しつ差されつ」は、お互いに助け合う「持ちつ持たれつ」の確認でもあり、
農耕民族の精神構造にも通じるそうです。
なるほど、思わず納得の指摘でした。
日本はやっぱり「和を以て貴しとなす」の国なんですね。

「そういうのが面倒だから(会社の)飲み会なんて嫌い」
――なんて声も聞こえてきそうですが(^^;

 

【記号は万国共通ではありません】

外国人が驚く日本ならではの表記に、「〇」と「×」があるそうです。
もちろん、外国でも「〇」と「×」は使いますが、なんと意味が日本と逆。
日本では「〇」は正解、「×」は間違い、というのが一般的ですが、
海外では「〇」はNG、「×」はOKなんです。

ゲームコントローラーでも、日本では「〇」は決定、「×」はキャンセルですが、
海外では逆。プレーヤーは混乱しそうですね。

海外では「〇」は空白やゼロを示し、否定的なイメージになるそうです。
また「×」は「Ⅹ(エックス)」に通じ、未知のものという意味にもとられます。

「×」の代わりに、「✔」(チェックマーク)を使うこともあります。
これは日本でもおなじみで、問診票や、海外旅行時に書く入国カードなどで、
該当する欄にこの記号を記入しますね(「〇」を書いている方もいらっしゃるでしょうけど)。
そのときは「当たっている」という意味で使っていることになります。

ちなみに、正解と不正解の中間的な意味合いで「△」を使うのも、
日本独自の表記のようです。

うなずく・首を振る、手を振る、頭をなでる、などのジェスチャーが、
国によって違う意味を持つことは比較的よく知られていますが、
記号にもそういう面があることは、頭に入れておいたほうがいいでしょう。

(出所:『池上彰のニュースそうだったのか!! 』)

日本ではだいたい満点の答案だけど、海外ではほぼ0点?

日本ではだいたい満点の答案だけど、海外ではほぼ0点?

【騒ぎ方も後片付けも日本流】

10/31から11/1にかけて、今年もハロウィーンで全国各地、
とりわけ東京・渋谷は賑わったようですね。

もともとは、秋の収穫を祝うとともに悪霊などを追い出す宗教的な行事ですが、
思い思いの仮装を楽しむ日本流ハロウィーンはすっかり秋の風物詩になった感があります。

ただ反面で、騒音やポイ捨てなど、節度を欠いた行動も。
お祭り気分もわかりますが、これはいただけません。

しかし報道によれば、センター街の路上に散乱した空き缶やたばこの吸い殻、割れた瓶などを、
早朝から掃除するボランティアも多かったとか。
「楽しんだ分だけきれいにしないと」という17歳の女子高生の声も紹介されていました。

halloween_kabotya_hana_s

【みんなできれいにするのは、コレがあったから】

以前、当サイトで、ロシアで行われたサッカーのワールドカップで、
ベンチでもスタジアムでも試合後きれいにする日本人の行動が、
海外から賞賛されているという記事がありました。

同じ日本人として誇らしいし、見習わなければと思います。
でも、どうして日本人は自然にこういう行動がとれるんでしょう?

国民性と言ってしまえばそれまでですが、
ジャーナリストの池上彰さんのテレビ番組『池上彰のニュースそうだったのか!!』で、
番組名通り「そうだったのか!!」と思う解説がありました。

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、日本の学校では当たり前の、
子どもたち自身が教室やトイレなどを掃除することは、海外から見れば驚きなのです。
海外では掃除は専門業者が担当します。

子どもたちに掃除をさせるのは、集団で責任を果たすことを学ぶ意図があるとされ、
それに共鳴したシンガポールでは、小中高で掃除を義務付けました。

みんなで掃除をしてきれいにするというのは、
小学校からやっていたしつけのおかげ、と池上さん。

なるほど、世界から賞賛されている(公共の場所での)日本人の掃除は、
これまた日本独特の小学校での雑巾がけがルーツだったのか、と妙に納得しました。

【現地のフレンドリーさが留学成功の秘訣】

オーストラリアの西海岸に位置し、西オーストラリア州の州都でもあるパース。オーストラリアでは第4の都市とされています。元アナウンサーの小島慶子さんが移住している都市としてご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

 p1

実はこのパース、知る人ぞ知る、英語力アップにもってこいの人気の留学先なんです。

その理由は、現地の人たちがフレンドリーでやさしいこと。

「なんだ、そんなことか」なんて軽く思わないでください。これってとても重要なことなんです。

学校では先生や仲間とコミュニケーションをとれても、街中では現地の人に話しかけることすらためらわれる――なんてことでは、せっかくの留学も効果半減というもの。留学ならではの、生活の中で英語を使うチャンスをみすみすつぶしてしまいます。

 

パースの人たちは、多くの留学生を受け入れているためもあって、片言のコミュニケーションしかとれない人にもやさしいんです。

1度で聞き取れなくても何度も繰り返してくれたり、ゆっくりしゃべってくれたり、こちらの英語力がイマイチでも、ちゃんと会話をしてくれるのはありがたいこと。

外国人相手に英語で話すことへの抵抗感をなくすことが「使える英語」習得の第一歩とするなら、これこそ留学ならではの有効な体験ではないでしょうか。

 

【長期になるほど暮らしやすい】

さらにパースでは、フルタイムで6週間以上学校に通うと、年齢に関係なく公共交通機関が約半額で利用できます。留学期間が長くなるほど重宝する制度です。

加えて、野菜や果物などの食材が格安なのも魅力。とりわけ、長期留学で自炊をするような方にとっては大事なポイントでしょう。現にパースは、半年以上の長期留学者が多い都市です。

 

街としての魅力も見逃せません。

人口がさほど多くなくごみごみしていない、自然がいっぱいでビーチも多い、気候が穏やかで湿気も少ない……などなど、暮らすには絶好の環境と言っていいでしょう。

逆に、遊ぶところが少ないとも言えますが、それは目的が違う別の話ですね。

 p8

語学留学に格好の都市、パース。留学先の有力な選択肢の一つです。

ぜひお気軽に、弊社オーバーシーズ情報センターにお問い合わせください。

パース市長

【「使える」=「話せる」】

「日本人は学校でずいぶん英語を勉強している割には、ろくに話せない」――長年言い続けられてきた“事実”です。

もちろん教育現場でも、さまざまな工夫が試みられてきました。たとえば最近では、高校での英語授業は英語で行うことが基本になっていて、2020年度からは中学校でも英語の授業は英語で行うことが基本になります。

 

これらの施策は、グローバル化が進む時代の要請もあって、外国人とコミュニケーションがとれる「使える英語」、もっと言えば「話せる英語」を身につけるため、と言っていいでしょう。

 

【「話せる」は教えるのが難しい?】

日本政府は、2017年度中に、中3で英検3級以上、高3で英検準2級以上の割合をどちらも50%にするのを目標としていました。しかし、文部科学省の2017年度『英語教育実施状況調査』によれば、目標に達したのは中3で40.7%、高3で39.3%でした。

 

教育現場においては、「読む」「書く」に関しては、教えるノウハウやスキルは十分蓄積されているでしょう。一方で、「話す」「聞く」に関してはどうでしょう。ネイティブスピーカーの録音テープなどの補助教材などはあるにせよ、すべての現場で十全に対応するのは難しいのではないでしょうか。たとえば、教えるほうに生徒の発音のミスを修正する能力が足りなければ、いくら英語で授業しても効果は限定的でしょう。

 NZホームステイ

【語学留学は「使える英語」習得の早道】

そこで、ぜひ活用していただきたいのが語学研修、なかでも語学留学です。

日常的に英語でコミュニケーションをとる環境に身を置くのは、英語習得、とりわけ「話す」「聞く」力を伸ばす近道です。週に何コマかの授業だけでは不足しがちな“反復練習”が普通にできるのです。

見逃せないのは、英語への興味がより高まることも期待できる点です。ある程度でも話せるようになると、語学学習はどんどん楽しくなるもので、留学後にも少なからず好影響があるでしょう。

加えて、英語学習にとどまらず、異文化と触れ合う機会を中高生のうちに持てば、視野を広げるいい経験になることは、すでに多くのところで言及されている利点です。

 

メリットが多い中高生の語学留学ですが、学校選びやら渡航手続きやら、サポート仕事は多々あります。中高生が安心して学習に専念できるためにも、そうした仕事は、実績豊富で現場に精通している弊社オーバーシーズ情報センターにおまかせください。

アクティビティー セブ海 03

有力な英語留学先として、フィリピンが年々注目を集めているのはご存知でしょうか?フィリピンの観光省によれば、2015年は35,000人程度で、毎年5,000~6,000人増えています。

 NILS アクティビティー 02

これだけは押さえておきたいフィリピン留学ならではのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

 

【メリット_1:費用が安い】

ケースバイケースですが、欧米留学に比べて航空券も含めた費用はおよそ2分の1というのが目安です。加えて、現地の物価が安いのもポイントです。

 

【メリット_2:日本から近い】

片道約4時間、時差は1時間。費用の安さとあわせて、この手軽さが、学生だけでなく多忙な社会人にも支持される理由の一つです。何度も短期留学を繰り返して、学習効果を高めている方も少なくありません。

 

【メリット_3:確かな英語力】

英語はフィリピンの公用語の1つです。Global English社が行った調査(2013)では、非ネイティブスピーカーの実用的なビジネス英語能力は第1位です。またフィリピン人の英語は世界一聞き取りやすいと言われていて、コールセンター業でもトップクラスです。厳密にはネイティブとは少し違いますが、だからといって通用しないわけではまったくありません。英語が世界共通語である以上、英米の発音を完璧に守らなければならないという認識は変わりつつあります。

 

【メリット_4:個別指導】

フィリピン英語留学ではマンツーマンが基本です。個々のスキルに合わせた指導が受けられ、とても効果的な学習ができます。これはグループ学習では得にくい大きなメリットです。加えて、常に明るいフィリピンの国民性は日本人と相性がよく、欧米人に比べ気軽に話しかけられるとも言われています。それは先生だけでなく、街中での現地の人たちも同様で、話しかけられることがうれしいという雰囲気や、聞き返しても何度も言い直してくれるのが普通です。初級者でも生きた英語を学びやすい要因の一つです。

 IMG_0587

【デメリット_1:学校・環境が合わないとつらい】

フィリピンに限ったことではありませんが、留学先の学校にはそれぞれ個性があり、教え方や施設、生徒の国籍や主な年齢層なども多様です。ほかにも食事が口に合わないなど、自分にフィットしないと、せっかくの英語留学が有意義なものにならないかもしれません。

 

【デメリット_2:誘惑?魅力?】

フィリピンは物価が安いため、買い物やレジャーが格安で楽しめます。もちろん学習の息抜きに楽しむのは大いにアリですが、英語留学のはずがバカンス旅行になる人も……。まあ、でもこれはデメリットではなく、メリットと言ったほうがいいかもしれませんね。

 セブ海 01

これまでお話ししたことは、言ってみればキホンのキです。

「じゃあ、どの学校がいいの?」「どんなレッスンになる?」「食事や宿泊、日常生活はどうなる?」「通信環境は?」「治安は?」なんて疑問が続々と出てくるでしょう。

そうしたことを解説した本などもありますが、やはりここは、留学エージェントを頼ったほうが、最新情報も入手できて安心・便利です。

実績も豊富で現場に精通している弊社オーバーシーズ情報センターにおまかせください。

NILS アクティビティー 01